ライザップについて

生理中にライザップに通うことはできるのか

更新日:

生理中のダイエットは効果がないとか、太りやすくなるといった話をよく聞くと思います。

では、実際、生理中のダイエットは効果が本当にないのか、ライザップに通おうと思っていても、ライザップは生理中に受ける事ができるのか等をまとめて解説します。

生理の時にライザップに通うことができるのか

女性と男性のライザップの入会率はほとんど変わらない為、女性の方もたくさんライザップに通われています。

しかし、そこで女性の方が気になるのは、「生理中にライザップに通うことはできるのか」ですよね。

結論から言えば、生理中でも症状が重くなければライザップに通うことはできます。

生理中のダイエットはあまり効果が期待できないとされていますが、ライザップでは先にトレーナーに生理の事、時期などを伝えておくと、状態にあったメニューに変更してくれます。その為、もし生理中であってもトレーニング自体を継続して受ける事は可能です。

しかし、生理痛が重い場合や出血量が多い場合は休んでしまってもトレーナーに予め伝えておけば理解してくれるので休んでも問題はありません。

ただ、急に起こってしまう事も中にはあると思いますが、その際は事情を説明すればキャンセルする事は可能ですが、当日分のトレーニング料金は通常通りまとめて支払うことになるので、その分の返金や値引きはありません。

生理中のダイエットは意味があるのか

そもそも生理中にダイエットをすることが意味があるのかですが、実は無駄ではありません。

ただ、生理中や生理前に体重を計って、増えていた経験をしたことのある女性も中にはいると思います。しかし、これはホルモンの関係で身体がむくみやすくなってるにすぎませんので、実際は太っているわけではありません。生理中に体重が増える原因はプロゲステロンといわれるホルモンが身体の中で活発になるからです。

プロゲステロンが活発になると身体に水分を溜め込みやすくなる為、体重が落ちにくくなります。その為痩せないと感じるのですが、この時期はうまく過ごすコツがあるので焦る必要はありません。

生理中の賢いダイエット法

生理中は普段よりも体がむくみやすくなったり、便秘になりやすくなります。

上記で説明した通り、女性ホルモンのプロゲステロンも活発になるので痩せにくくなります。しかし、全く痩せないというわけではありません。イライラしやすくなったりして食欲が増し、食べ過ぎてしまうような状態もホルモンバランスが崩れたことで起こる自然な症状です。

そんな時でも生理中の身体のしくみとうまく付き合うことで、この時期を乗り切ることができます。

では、生理中のダイエット方法を紹介します。

軽いストレッチ

生理中は、身体が重い感じがしたり、気分があまり上がらない日が続きますが、それは妊娠の準備をしていた身体が不要になった物を捨てて、新しいサイクルに向かうからです。
この時期は体に対して変化している時で、重い人は生理痛になったりする人もいます。

この辛い生理痛は、プロスタグランジンといわれる物質が過剰に体内で分泌されることで起こります。この物質が子宮の収縮を促すために、痛みを感じてしまうのです。

この辛い生理痛は、腹部を温めてあげる事である程度の緩和が期待できますので、試してみて下さい。そして、体をしっかりほぐしてあげる事で、気分転換や歪みの矯正にもなります。

この時期は無理のない軽いストレッチをするだけでも代謝がかなり良くなり、ある程度のダイエット効果は期待ができます。しっかり体をほぐし、生理痛を改善させながらダイエットをすることが大事です。

ライザップ

骨盤周りのストレッチ

やり方はとっても簡単です。

・まずは両足を伸ばした状態で、床に座ってください。

・その体勢のまま背中を伸ばして、両腕を胸の位置で組んでください。

・そのまま足を伸ばした状態で、お尻を上げて前に進みます。お尻を足の代わりにして歩くようなイメージです。

・これを右と左で10歩ずつ進んだら、後ろへ10歩戻ってください。

これを3セット程度無理がないように行ってください。これをすることで、骨盤周りの筋肉を使うことができます。

女性の骨盤は、生理がくるたびに開閉を繰り返します。この際、骨盤が歪んでいたり、歪みが起こってしまうと子宮が圧迫されてしまうので痛みを感じます。

骨盤の歪みは座り方や姿勢などでも比較的簡単に歪んでしまいます。歪みがあると、痛みがあるだけではなく、代謝が落ちる為太りやすい身体になりますので、骨盤周りのストレッチをして、血流を良くしてあげることで代謝がよくなり、痩せやすい身体にする事ができます。

むくみ改善のストレッチ

・まず最初に、仰向けに寝てください。

・寝た状態でリラックスできたら、手と足を上へ持ち上げます。

・その状態のまま手と足をブルブルと1分ほど震わせてください。足や手にたまった水分を流してあげるようなイメージです。

女性は足などがむくみやすいと言われますが、その原因の一つは生理の時に体が水分を溜め込もうとする事で起こります。

このむくみは、冷えのサインでもあります。体を冷やしてしまうと、新陳代謝が悪くなる為、痩せにくくなります。

そうならない為に、むくみを改善させてあげることで、生理後にスリムな体型を作る為の準備ができます。生理中は簡単なストレッチをしてあげるだけでも、むくみの解消や血流の解消などの効果をしっかり得る事ができます。

食事の際に必要な栄養

生理の時は食事に気を付けてあげる事も大事です。

例えば、豆乳に含まれるイソフラボンは女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似てる構造をしてるので、摂取してあげる事で、不調の予防、代謝を上げるなどの効果が期待できます。

生理中のダイエットは心を体の調子を普段以上に意識して整えてあげることが大事です。そして、その為には鉄分とビタミンB群は欠かせない栄養になります。

鉄分は基礎代謝を上げる事ができる効果があり、ビタミンB群は疲労回復や脂質の代謝を上げてくれます。

生理中は痩せようとせず、太らない事を心がける

生理中はどうしても女性ホルモンの影響で痩せにくく、逆に太りやすい体になっています。その為、無理に痩せようしない事が大事です。

糖質制限をしていく上で大事なのは生理前などは体重が増えないように意識した生活を送ることです。

生理前は肉類を積極的に食べるようにする

女性ホルモンの一つであるプロゲステロンは女性の食欲を促進させます。

なので、意識したいのは食事内容です。食事量を減らすのではなく、肉類を積極的に食べる事です。

先程も書いた通り、生理の際積極的に摂りたい栄養は鉄分です。牛肉、豚肉、レバーなどは鉄分を多く含む食品なので、これらは生理前には積極的に摂取すると、貧血を起こすリスクを減らすことができます。

糖質制限では、タンパク質などは積極的に摂るよう言われるので、この時期に肉類は積極的に食べておくことをお勧めします。糖質制限などで減量をしていく上で、女性ホルモンの変化が与える影響は厄介ですが、その変化は女性にとっては大事なものです。

まとめ

生理中は体が重く感じたり、頭痛がしたりするなど、体調不良が続くので、ストレスが溜まります。そして、その上ダイエット中だと体重が減らない為、過食気味になる人が多くなります。

しかし、生理痛がつらい時は無理に起き上がらず横になったりして無理をしない事がまず大事です。そして、食事に関してもタンパク質はライザップでも積極的に摂取するよう言われるため、肉類をよく食べるようにする等、うまくコントロールできるようになると生理中のダイエットは成功しやすくなります。

ライザップではその人にあったプランを常に考え、メニューを変更しながらベストな状態をサポートしてくれますので、安心して通うことができます。

トレーナーは常に相談にのってくれるので、生理の事や体調の変化などは相談して、無理のないようにダイエットを続けることができます。

カウンセリングは完全無料

まずは、お近くの店舗を選んで無料カウンセリングを予約してみましょう。

無料カウンセリングはこちらから30秒で行うことができます。

ライザップは全国に120店舗以上あるのできっとあなたが通いやすい店舗が見つかるはずです。

今なら“実際に何kgやせることができるのかがわかる体組織の測定結果表”が無料でもらえます。

ライザップ

-ライザップについて
-

Copyright© ライザップの口コミ|ライザップはリバウンドするのか? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.