ライザップは腰痛でも通えるのか

ライザップについて腰痛

ライザップに通いたい人の中には腰痛で悩んでる人もいるかもしれないです。

腰痛は普段の生活でも大変な事が多いですが、そんな腰痛持ちの方でもライザップに通うことはできるのか、それを今回は解説します。

腰痛持ちでもライザップは通えるか

ライザップの特徴はトレーナーとのマンツーマンで行うパーソナルジムであるということです。

マンツーマンだからこそ正しい姿勢、フォームでの筋トレができるものになっています。

正しいフォームで筋トレを行わないから腰への負担が大きくなってしまいますが、正しいフォームで行えば腰への負担はあまりありません。さらに、関節や神経を痛めることもないことから、腰痛でもライザップに通うことはできます。

腰痛の度合い

まず、自己判断で腰痛の度合いを見てみて下さい。

ライザップでは腰痛でも通えるって言いましたが、腰痛の度合いが、

・一人で歩けないレベル
・車いすがないと移動が困難
・運転に関してドクターストップがかかってしまっている

この3つのどれかに当てはまる場合は、ライザップに通うことはできませんので注意してください。

ただし、逆を言えば、これらに当てはまらない人は通うことができます。ほとんどの人は普段の生活に支障はないが、長時間椅子に座り続けるデスクワークの時や重い物を持ち上げるような場面で腰痛を感じる人は多いと思います。

重い物を持ち上げる動作に痛みを感じるからライザップの筋トレは難しいと考える人が多いと思いますが、この度合いであれば問題ありません。

ライザップが腰痛でも通える理由

恐らくほとんど人は「ライザップの筋トレをすると腰痛が酷くなる」と考えるはずです。

筋トレに関しては体に負荷をかける為、腰痛への影響はあると感じると思いますが、これは誤解してる人がほとんどだと思うので説明します。

ライザップでは腰痛が改善される

ライザップは腰痛でも通うことが可能ですが、それだけではなく、ライザップで筋トレをすることで、腰痛の改善に期待ができます。

腰痛の主な原因は筋肉の衰えです。その為、筋肉量が増えれば腰痛は自然に改善されていきます。

筋肉が衰えて血行が悪くなってる場合、筋肉を復活させてあげれば血行は改善されていきます。さらに、脊髄の骨と骨が擦れてしまってる場合、腰を支える筋肉を鍛えてあげれば、骨と骨の間に隙間ができるようになり、痛みの改善につながります。しかし、もちろん正しいフォームで正しく筋肉を動かしてあげないと意味がありません。

ライザップではトレーナーが正しいフォームを指導しながら筋トレを行う為、ダイエット効果に加えて、腰痛の改善にも役立ちます。

ライザップ

腰痛改善に糖質制限は関係するのか

ライザップのトレーニングは筋トレだけではなく、糖質制限も同時に行っていきます。ただ、ここで気になるのは、糖質制限をして腰痛に影響はないのか、です。

では次に腰痛と糖質制限の関係について説明します。

摂取カロリーに対して、運動不足などから消費カロリーが減少してしまってる人が多く、適正な体重を越えてる人は少なくありません。

体重は、全身を支える背骨や足に対してダイレクトにかかってきます。歩行、立ち座りの動作等で腰周辺に大きな負担をかけています。体重が適正でない場合、負担は大きくなる為、様々な動作に対して腰に負荷をかける事になります。そうなると腰痛を招きやすくなります。

しかし、過剰摂取していた糖質を減らし、その分運動をするような糖質制限をすることで、体内に蓄積されていた脂肪は消費され減少し、減量が期待できます。さらに適正になった体重を維持する事で腰への負担を軽減させることができるので腰痛予防にも効果が期待できます。

栄養バランスを整えて腰への負担を軽減する

腰痛の原因を特定できるのは全体の約15%です。

その代表的なものは椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄です。その他にも細菌感染やがんなども原因になることがあります。特定できるのが約15%と言う事は、逆に言えば85%は正確な原因が特定できないものだということです。

その多くは生活習慣の乱れ、ストレス、睡眠障害などの心因性が原因だと考えられていますが、生活習慣に関しては、長時間同じ姿勢をとり続ける事での筋肉の緊張や、運動不足、筋肉の退化といったものが考えられます。これらは食事制限による栄養バランスの見直しで軽減させることができるものです。

人の身体はほとんどが6分の1がタンパク質でできており、筋肉を構成するタンパク質であるアクチンやミオシンは筋肉を伸縮運動させるのに大切な働きをします。

身体にとって大切な営巣はいくつもありますが、バランスよく摂らないと必要とされる筋肉はつきません。ライザップでは食事制限をしながら過剰な糖質等を落とし、足りないタンパク質をよく摂取しながら筋肉を作っていくので、このトレーニング自体が栄養バランスの修正と筋力の増強になります。このことで、必要な筋肉が身につき、腰痛の改善を促してくれるんです。

糖質は摂り過ぎると老化します

身体は、糖質を過剰に摂取すると細胞が老化していくという仕組みがあるんです。

タンパク質と糖が体温で加熱されることでできる物質がAGEsといわれるものです。このAGEsというのは、Advanced Glycation End Productsの略称で、終末糖化産物と訳されています。この物質が身体に蓄積してしまうと、様々な老化現象を起こしてしまいます。2型糖尿病の合併症としての骨粗しょう症なんかはこのAGEsが体内で過剰にできてしまったことで起る病気とされています。

さらに、このAGEsは蓄積されていくとコラーゲンやエラスチンなどをタンパク質をクロスリンクさせ、変性させてしまうので、タンパク質の弾力性を落としてしまいます。これらが変性されてしまうと関節の滑らかな動きを妨害してしまい、関節を伸縮させたり曲げたりした際に骨同士が直にこすれてしまうことになるので、関節痛の原因になります。

これらを引き起こさない為に、糖質制限が必要になるというわけです。

ライザップのやり方は腰痛の軽減に対しては理にかなってる

ライザップの行う「筋トレ」と「糖質制限」は腰痛に対してはとても嬉しいことが多いことがわかると思います。

過剰に摂取してきた糖質をしっかりと制限し、変性してしまったタンパク質を補いながら、筋肉をつけてあげる、これは腰痛の原因の可能性である「生活習慣の見直し」に一躍買ってくれます。

糖質は太る原因でもあるので、腰痛を改善しながら上手に痩せる事ができるライザップのトレーニングはあらゆる面で優れているといえます。

カウンセリングは完全無料

まずは、お近くの店舗を選んで無料カウンセリングを予約してみましょう。

無料カウンセリングの予約はこちらから30秒でできます。もちろんカウンセリングを受けたからといって入会する必要は一切ありません。無理な勧誘も当然ありません。

ライザップは全国に120店舗以上あるのできっとあなたが通いやすい店舗が見つかるはずです。

今なら“実際に何kgやせることができるのかがわかる体組織の測定結果表”が無料でもらえます。

ライザップ